歯学博士・料理研究家・健康咀嚼指導士の田沼敦子ホームページ。「噛むかむクッキング」レシピ、ブログ、メディア出演情報など情報満載。

田沼敦子公式WEBサイト
ショッピングカート メールマガジン リンク お問合せ HOME

オンラインショッピング 田沼敦子ブログ メディア情報 講演・取材等のご依頼 高浜デンタルクリニック

宝寿茶・十八穀膳

敦子“食”セレクト
株式会社宝寿園【野草十八茶“宝寿茶”】
野草十八茶“宝寿茶”イメージ
野草十八茶「宝寿茶」 \6,156 (税込)
株式会社宝寿園【十八穀膳】
十八穀膳イメージ
宝寿茶・十八穀膳 \5,130 (税込)
田沼敦子からのコメントはこちら
商品特徴
【宝寿茶】
薬膳料理屋の倉持有ニ氏が素材を厳選し、陰陽五行の考え方にそって18種類の野草をあわせた野草茶です。原料によって焙煎をかえて一番おいしい状態のものを合わせています。色が出るうちはおいしく何度でもいただけます。

【十八穀膳】
米一合に、大さじ1杯十八穀膳。これだけで18種類の穀類のビタミン・ミネラル・食物繊維等の栄養を豊富に含まれた多品目ごはんにはやがわり!
丸麦 胚芽押麦 はと麦
丸麦 胚芽押麦 はと麦
小豆 高きび もち赤米
小豆 高きび もち赤米

緑米 青豌豆 発芽玄米
緑米 青豌豆 発芽玄米
もち黒米 黒豆 黒ごま
もち黒米 黒豆 黒ごま

うるちひえ もちきび 玄米 とうもろこし もちあわ アマランサ
うるちひえ もちきび 玄米 とうもろこし もちあわ アマランサス


商品データ
野草十八茶 “宝寿茶”
価格 \6,156(税込)
内容 宝寿茶200g×3袋
原材料 ドクダミ、ハトムギ、ハマ茶、プーアル茶、
甘草、熊笹、ビワ葉、ヨモギ、ハブ茶、
クコ葉、陳皮、柿葉、シソ、オオバコ、
グァバ葉、アマチャヅル、スギナ、紅花
宝寿茶イメージ

野草十八茶「宝寿茶」 \6,156 (税込)

一つのご注文につき、配送先は一箇所となります。
複数の箇所に発送をご希望の場合、
大変お手数ですが、配送ごとに分けてご注文をお願いいたします。


宝寿茶・十八穀膳
価格 \5,130(税込)
内容 ・宝寿茶200g×1袋(2052円/税込)
・十八穀膳150g×3袋(3078円/税込)
* 原材料 【十八穀膳】
玄米、胚芽押麦、もち黒米、小豆、発芽玄米、丸麦、もち赤米、はと麦、高きび、青豌豆、緑米、黒豆、黒ゴマ、とうもろこし、もちあわ、もちきび、うるちひえ、アマランサス、醸造酢、トレハロース
セットイメージ

宝寿茶・十八穀膳 \5,130 (税込)


田沼敦子コメント
主人が雑誌で対談したあと、打ち上げで訪れた店で出されて飲んだのが、このお茶を知るきっかけでした。わが家では以前から煎茶をほとんど飲みません。

主人は朝から晩まで、それこそふだんはもちろん、食事のときでもほうじ茶を好みます。宝寿茶が出されて飲んだとき、まず、香りのよさに惹かれました。とても香ばしく、さっぱりとしています。聞けば「いろいろな野草が入っている」といわれましたが、いやな感じがなく、なんだかにわかには信じられないくらい「普通に飲める」お茶なのです。すっかり気に入って「どこで買えるのですか?」って聞きましたら、「ここで売っている」とのことで、求めて帰りました。

何がはいっているのかしら?・・・と、興味津々袋を開けて中を見ました。たしかに葉っぱやら、茎やら、木の実のようなものやらがたくさん入っています。

わが家は、ほうじ茶とはいえ、いつも数種類用意しています。が、このお茶を続けて好きになった大きなきっかけは、「さし」のよさです。色が変わるまでお湯をさしていただけます。はじめだけ、2,3分放っておいて飲み、次からはお湯を入れたらすぐ飲めます。さらによい点は、熱くても冷めても飲めるお茶だという点です。夏は冷やしてもおいしいです。両方いけるお茶は、案外少ないので、貴重です。
会社概要 | 個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表記